建物は資産になる?


建物は管理次第で長持ちさせることができます。そもそも資産といえるのは、収益を生む建物です。土地や環境などの条件にもよりますが、税金ばかりかかって収益を生まない土地は、時に重荷にさえなってしまう場合があります。一定の修繕費を毎月積み立て、早め早めに対策を施して長持ちさせましょう。
減価償却費が経費になるのは、建物の老朽化を勘案してのものです。欧米ではプロパティ・マネジメントが機能しているため、建物が長持ちします。使い捨ての時代は終わったといって良いでしょう。

老朽化

【Q.人口が減少すると言われているのが心配です。】
「勝ち組」になることを考えましょう。人口の減少が、多くの産業に影響を与えるのは必至です。とはいえ、皆がダメージを受けるのではなく、「勝ち組」は、ますます勝ち、「負け組」が淘汰されていくという考え方です。つまり、人気物件には入居者が集まり、不人気物件へ集中的に空室が出るようになる訳です。投資用不動産は、そもそも立地を考慮して購入するべきです。郊外の遊休地に、需要も考えず、地主さんが建てているケースとは違うはずです。

【Q.将来、売れますか?】

資産価値や経済価値のある物件は、需要が多いようです。希少性があり資産価値を備えていれば、多少利回りが低くても売れるでしょう。現に東京都心部の一部エリアなどでは、かなり低い利回りでも取引されています。また、利便性は悪くとも利回りが高く、経済価値がある物件も需要があります。さらに、家賃収入が維持できていれば、買い手に納得してもらえるでしょう。投資用不動産の命は文字どおり収益です。これを上げ続けられる限り、需要がなくなることはないと思われます。

不動産投資

【Q.将来、競争が激化することはないですか?】
値崩れが起きるのは、貸し手が急激に増えた時です。例えば区画整理地で、地主さんが我も我もと一斉に建築をするケースなどです。ですから市街地であれば、いきなり激化するとは考えにくいと言えます。ただし、購入する際には、そういった競争が激しくなった場合のことも想定し、広めの間取りだとか、優れたデザインなど、前もって差別化を図っておくことが重要です。希少性のある物件を所有すれば、対応は可能です。


都内で引越しを検討している方はいますか?いましたら,文京区をオススメします。文京区は23区の中でも,治安が良いエリアで多くの人から人気のあるエリアです。家賃相場はやや高めとなっていますが,その分,交通アクセスと治安が良いエリアです。
交通アクセスは,6路線が走っているため都内の各所へと直ぐに向かうことができ,通勤などで不自由に感じることもありません。
また治安も,杉並区の次に犯罪発生率が低く落ち着いたエリアでもあります。そんな文京区という治安がよい土地で,引越しを検討しませんか?
文京区内には,土地を始めとした,様々な不動産物件が揃っているため,自分にあった物件を見つけることが可能です!ぜひあなたもこの機会に文京区で土地を見つけて満足いく生活を始めましょう!

心機一転に池田市へと引越ししませんか?池田市は,大手企業の本社などがあるエリアで,とある車メーカーと協力した市の政策はファミリー層から高く評価されています。
また,池田市内には自然などの緑もあって,落ち着いた雰囲気が流れています。そんな池田市で賃貸物件をみつけませんか?
池田市内には,国道171号線と電車が走っていて,また大阪国際空港と接しているということもあるため交通面で不便な思いをしません。大阪府で引越しを検討中でしたら,ぜひ池田市の賃貸物件も候補に入れてください。

私は,3ヶ月前に奈良県へと移住してきました。引越し先を奈良県に決めるまでは,他の地域に目移りしたりして,かなり悩みました。
でも今は,奈良県で不動産情報を見つけることができてよかったと思っています。奈良県には,大学生の頃に一度訪れた事があり,観光地を巡っている内に,奈良県の魅力に心を奪われることになりました。人々が繋いできた歴史や,工夫や知恵を活かした建物など,人々が大切にしてきた文化など。とても沢山のことについて学び取ることができるエリアなんです。住まい探しや引越し先で悩んでいる方,奈良県で不動産物件を見つけませんか?
奈良県の不動産なら満足いく生活することができますよ!